キュートミー

キュートミーで本当に痩せるの?食事制限なしで痩せるわけって何?

キュートミーで本当に痩せた人って何をやった?痩せた人の口コミ暴露!

引き締まったお腹をつくる強い味方

お腹周りに脂肪がついてから時間がたつと、戻すのにもそれなりに時間がかかります。
しかし、短期間の変化をとらえながら生活をほんの少し修正すれば、すぐに元のからだに戻すことができます。
そのためにはできれば毎日、少なくとも週に一回は体型や腹周りを測って変化を確認しましょう。

日々の変化を性格に知るためのポイントはいつも決まった時間に計測することです。
食後や入浴後は体の水分量の影響を受けやすいので朝起きてトイレに行ったあとがベストです。

前日、より増えていたら今日のおやつを控える、いつもより歩く時間を増やすというように生活すればい日できっちり戻すことができます。
また、近頃では体脂肪量までわかる体重計が多くまりました。

できれば体重だけではなく体脂肪もチェックできるものをつかいましょう。
体脂肪量の変化を見ると体の中の科にかが変化しているかがわかります。

たとえば、食事を見直して活動量を増やした結果、体重が2キロ減り、体脂肪も2キロ減ったら理想的です。
体重は2キロ減っているのに体脂肪は1キロしか減っていなかったら筋肉や水分が減っていることになるので代謝は落ちています。

体脂肪率しか表示されない体重計でも体脂肪率は計算できます。

体重(kg)×体脂肪率(%)÷100は体脂肪率量(kg)

体重50kg×体脂肪率25%÷100は体脂肪率量=12.5kg

体脂肪率は日々変化しますが、これは体内の水分量によって出る誤差で体脂肪量ではありません。
体脂肪のような体組成(体が何でできているかを示すもの)日々変化するものではないので付き単位でチェックする程度でも十分です。

 

ウォーキングは無理せず毎日やる事が長続きするコツです。

最近では若い女性も、サンバイザーを被り、スコートのような可愛いスカートをはいて歩いている姿を見かけますね。

 

マラソンやランニングは辛いけど、ウォーキングなら出来る!と、体を気遣う女性が始めているらしいですから、人気が出る訳ですよね。

しっかり腕を振り、大股で歩く事がウォーキングでは大事です。

 

みっちり毎日30分でも歩けば、二の腕は締まり、おなかも凹んでくるそうです!

是非、初めてみてはいかがでしょうか